AI・IoT

  1. IBM CloudでNode-REDを使う方法(2020年3月)

    IBM Cloudでは以前からNode-REDを簡単に使うことができました。IBM Cloudのダッシュボードには「Node-REDスターター」というサービスが…

  2. AIは男女を見分けなくなる

    今日、Googleから下記のようなメールが届きました。2020年2月19日以降、Cloud Vision API では、‘LABEL_DETECTION’ 機…

  3. AIはインターネットほどは儲からない

    2017年くらいからAIについて教えるというお仕事をしています。教える相手は主にITコンサルタント(ITコーディネータ)やITエンジニア(SE、プログラ…

  4. 2020年のIT・AI分野はどうなるか?

    令和最初の正月、オリンピックイヤー2020年を迎えました。仕事始めも無事終わり、すっかり普段の日々に戻りつつあります。私は地元・福岡で年を越しましたが運悪くイ…

  5. Watson Visual Recognitionの料金が変わったっぽい

    IBM Watsonの料金は結構変わるので油断できないのですが、ユーザーが多いと思われるVisual Recognitionの料金がどうやら変わったよ…

  6. コンサルタントと起業家

    今日は週2くらいでお世話になっているお客様先で、あるお題を決めて提案合戦みたいなことがありました。私はそれなりの提案をさせていただいたとは思っ…

  7. TensorFlow LiteをKerasモデルで試してみる

    エッジAIに関する調査の続きということで、TensorFlow Liteを試してみました。https://www.tensorflow.org/li…

  8. エッジAIに関する現状整理

    エッジAIに関するお仕事の話がちょっと出て来たので、調べてみました。必要性今はモデルを作ってクラウドにデプロイというのが一般的ですが、…

  9. IoTディレクターと自分総力戦

    IoTディレクタ ーのエキサイティングなところは、全く違った種類の人たちと付き合いながらプロジェクトを進められることだ。ここで、あらゆる分野の 「人…

  10. 「AIでやりました!」が実はAIを使っていないという話

    Engadgetに「インドのAIベンチャー企業に「AIを活用していない」実態が発覚、ソフトバンク系も出資」という記事 が出ています。…

アーカイブ

PAGE TOP