キャリア・教育

  1. プログラミングという仕事の原点

    前に購入していたKindle本を漁っていたら、古川亨さんの「僕が伝えたかったこと、古川亨のパソコン秘史」という本が出てきました。どうやら2016年に購入していた…

  2. コンサルタントとしてアンカーでいるということ

    ITコーディネータとしてAI導入に関するコンサルタントというか、顧問的な役割を担うお仕事もさせてもらっています。実際に導入そのものをすることもあれば、まさに…

  3. 手離れの良い仕事

    この間、まだ若手のITエンジニアから仕事の受け方についての相談を受けました。彼はいずれ独立したいという思いがあるようだったので、私の経験を踏まえながら回答し…

  4. Startup Start Up People

    プロフェッショナル

    20代の頃から考えてきたことの1つに「プロフェッショナルであること」というのがあります。仕事はプロフェッショナルとしてやりたい。それは、何がの分野を極めるとい…

  5. 50年後を考える

    熱海までは新幹線で来たので、新横浜駅のキオスクで日経ビジネスを買いました。創刊から50年らしく、50人の経営者や識者が日本経済について提言するという企画が気にな…

  6. アイディアをビジネスに漕ぎ着けるために

    というタイトルが実現できてれば良いのですどね。残念ながら、いまのところ実現には至っていなくて、何も動いていないわけではない。ただ、アイディアだけ出して…

  7. 産業能率大学の通信教育課程を卒業しました(学生の方へのメッセージ)

    私事ですが、この度、産業能率大学の通信教育課程を卒業いたしました。このブログでも少ないながら産業能率大学の通信教育課程に関する記事を公開している…

  8. プレゼンテーションは奥が深い。自分はまだまだ!

    この週末は産業能率大学のスクーリングで「演出・表現力を磨く」という授業を受けてきました。ざっくり言うと、プレゼンテーションの授業ですね。プレゼンテーシ…

  9. 足し算で考えると「幅」、掛け算で考えると「深み」

    昨日、ちょっと話をしていたことについて、改めて考えたことがあります。幅と深み私がいまAというスキルを持っていて、そこに全く違うBというスキルを学んだ…

  10. いま、産業能率大学の通信教育課程で経営を学ぶということ

    このブログで、ときおり産業能率大学という名前が出てきます。現時点で、そこの学生だからなのですが、「なぜ学んでいるのか」、「なぜ産業能率大学なのか」といったこと…

アーカイブ

PAGE TOP