IoT SensorアプリをiOS向け、Android向けに公開しました

もともとは今後開催する研修の中で実習を行うために開発したのですが(その研修はコロナウィルスの影響で中止になってしまいましたが…)、お手持ちのスマートフォンでIoTを簡単に体験できるIoT Sensorというアプリをビビンコでリリースしました。

Screenshot_20200206-114016

スマートフォンには様々なセンサーが搭載されており、かつ当然にインターネットへの接続が可能なため、最も身近なIoTデバイスということができます。

例えば、武州工業株式会社の「生産性見え太君」というソリューションは、スマートフォンにアプリを導入することでIoTデバイスとして使ってしまおうというものですし、最近は株式会社オプティムがスマートフォンのカメラを使って来客人数などの画像認識を行う「OPTiM AI Camera Mobile」の提供を開始しています。

ビビンコのIoT Sensorはもっと簡単なものですが、加速度センサーと地磁気センサーで得たデータを簡単にIoTクラウドに送信することができます。IoTクラウド側のデータ送受信仕様次第なところもあり、現在はIBM Cloudのみに対応しています。

IBM CloudのIoTサービスであるWatson IoT Platformには、Quickstartというデモの仕組みがあり、それを使うとIoT Sensorアプリで取得したセンサーデータを極めて簡単に可視化することができます。もちろん、デモ用のQuickstartだけでなく、Watson IoT Platformの本番システムにデータを送信し蓄積することも可能です。

IoT Sensorアプリのインストールから、Watson IoT PlatformのQuickstartで可視化するまでの操作手順は、こちらの資料で説明しています。

まずは私が講師を務める研修での活用を考えていますが、今後このアプリを育てていけば本番システムでの活用も可能なものになると思いますので、皆さんの声をいただきながら、進めていければと思います。

インストールはこちらから

iOS(iPhone)版

ios Download_on_the_App_Store_Badge_JP_blk_100317.png

Android版

android google-play-badge

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。日本全国でAI・IoTなどをテーマにしたセミナーや研修講師での登壇多数。