WindowsでTodoistのメール連携がしたい場合

Macユーザーだった私が再びWindowsユーザーに転向してからというもの、困っていたのはWindowsでどうやってTodoistとメールの連携をするか…でした。

私はタスク管理にはTodoistを使っていて、メールで仕事の依頼とか何か返信しないといけない内容のものが来ると、それをTodoistに入れておいて、メール自体はアーカイブするという運用をしたいのです。

MacにはSparkがあった

MacではSparkという優秀なメーラーがあり、これを使うとTodoistとメールを連携できるんですね。SparkはMacだけでなく、iOSとAndroidにもアプリを提供していて、同じ使い勝手でTodoistとの連携が可能です。まぁ、Sparkがあったから上記のような運用が確立したといっても過言ではないわけですが。

しかし、Windowsに戻ってくると、まずSparkのWindowsアプリが提供されていないので困ります。Windows 10標準のメールアプリがなかなか軽快で使い勝手が良かったので、それを使っていたのですが、残念ながらTodoistとアプリ的に連携する術がない。

OutlookならTodoist連携用アドオンがあるという話だったのですが、既に開発中止となっており、最新のOutlookではやはりうまく動かない…。ということで、どうしたものかと。一時は、Thunderbirdを使ってそのアドオンを自分で書くとかしないといけないのか…と思ったのですが。

救世主はGmail+Microsoft Edge(Chromium版)

しかし、いま私は極めて快適にTodoist+メール生活をしています。その方法はGmailとMicrosoft Edge(Chromium版)にありました。

まず、メールはすべてGmailに集めます。もともとのGmailアドレスのほか、プライベートで使っている独自ドメインのメールも、会社のメールもすべてGmailに集約します。ここまではありきたりのテクニックですね。やっている人も多いと思います。

Todoist for Gmail

まず、GmailのアドオンとしてTodoist for Gmailを入れます。Chromeのアドオンとかじゃなくて、Gmailのアドオンです。Gmailを開いて、設定メニューのアドオンを開き、Todoist for Gmailをインストールします。

screenshot_060.png

インストールすると、Gmailの右のツールバーにTodoistのアイコンが追加されます。メールを開いて、このアイコンをクリックすると、そのメールをTodoistのタスクとして追加することができるというわけです。

screenshot_061.png

GmailのアドオンとしてTodoist for Gmailをインストールすると、PC版のGmailだけでなく、Android版のGmailアプリにもTodoistアイコンが表示されるようになり、スマホからもメールをTodoistのタスクに追加することができるようになります。

Screenshot_20200127-092147

Gmailを標準メーラーとするため、Microsoft Edgeでアプリ化する

GmailとTodoistの連携ができるようになったので、あとはGmailを標準メーラーとして使えば…ということになるのですが、せっかく標準メーラーにするならWindowsアプリとしての使い心地も実現したいと思うのが人の欲というものです。そこで使いたいのが、最近Microsoftが正式リリースした新しいEdgeブラウザです。最新のMicrosoft EdgeはChromiumベースに変わったので、Chromeと同じ表示が実現しています。つまり標準ブラウザとして使えるブラウザに進化を遂げたのです。で、このChromium版Microsoft Edgeには、Webサイトとして提供されているWebアプリを「このWebサイトをアプリとしてインストール」する機能が備わっているのです。

Gmailをアプリとしてインストールすると、WindowsのスタートメニューにGmailが追加され、Gmailを1つのWindowsアプリとして起動することができるようになります。内部的にはEdgeが動いているだけなのですが…。GmailをMicrosoft Edgeの機能でアプリ化しても、もちろんGmailのアドオンは有効なので、Todoistに連携する機能ももちろん使えるわけです。

さらにGmailへの新規メールを通知するために、Microsoft EdgeにChecker Plus for Gmailという拡張機能をインストールしています。最新のEdgeはChrome用の拡張機能をそのままインストールすることができます。Checker Plus for GmailもEdge用として開発されたものではなく、Chrome用として開発された拡張機能です。この拡張機能を入れて、Edgeを常駐させておくと、Edge自体のウィンドウを開いていなくても新着メールの通知が表示されるようになります。

ここまでの設定を行って、私は他のメーラーを使うことをすべて止めました。すべてGmailでOKという形にしたのです。

まとめ

そこまでいろいろやらないといけないのなら、素直にMacとiPhone使えばいいじゃんという声が聞こえてきそうですが、さにあらず。LTE搭載Macが出たら考える!とだけ、言っておこうかと。Surface Pro LTE Advanced最高!なのであります。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。日本全国でAI・IoTなどをテーマにしたセミナーや研修講師での登壇多数。