心機一転

昨日、株式会社ビビンコのリアルミーティング(いつもはHangoutとかなので)を行い、初年度の締め括りと、今後の事業展開などの検討を行いました。
法人としては私の出資比率を引き上げ(55%→70%)、私はビビンコの経営に専念していくこととなり、それに合わせて合同会社井上研一事務所については法人を解散することとしました。

昨年9月に立ち上げた株式会社ビビンコは、まだまだ課題山積ですが、私個人としては心機一転、時間の使い方、頭の使い方を整理して、この課題に挑んでいきます。
今まで私がやってきた会社は、法人成りしただけの1人法人体制を続けてきました。しかし、株式会社ビビンコには4人の株主、3人の取締役がいます。同じ法人でも「1人ではない」ということは大きな違いがあります。その違いをうまく活かして事業展開していければと思っています。

株式会社ビビンコおよび合同会社井上研一事務所とお付き合いいただいている皆さん、これからお付き合いさせていただく皆さん、今後とも、よろしくお願い申し上げます。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。日本全国でAI・IoTなどをテーマにしたセミナーや研修講師での登壇多数。