渋谷の一人飲みの個人的定番「山家本店」

うちの会社を渋谷に置いたときに、渋谷で一人飲みが出来るお店をいくつか作ろうと思ったんですね。
仕事帰りに、とりあえず寄れる店が欲しかったもので。

で、たしか最初に入ったのがここでした、「山家本店」。数件隣に「山家支店」もあるのですが、こっちはなぜか入ったことがない。

初めて入る店のチェックポイント

初めて入る店は、とりあえず店内を覗いてみて、カウンターがあるかどうかをチェックします。
カウンターがあったら、他に一人の人がいるかどうか。
この2つは必ずチェックするのですが「山家本店」は、その条件にピッタリ適合したのです。だいたい、いつ見ても、一人で飲んでいる人が既にいる。

最初の一品

IMG 0427

飲み物はホッピーで決まっているのですがね。
ツマミの方をどうしようかと思って、最初の頃はもつ煮込みを頼んでいました。定番でしょ。

IMG 0318

でも、最近は鶏皮ポン酢一辺倒です。私が子供の頃に、祖母がウィスキーを晩酌に飲むという通人で、その時のツマミが大抵鶏皮ポン酢。それを少し分けて貰うのが、ちょっとした楽しみだったのです。
三つ子の魂百まで。というか、そんなものですね。

豚トロは食べたい

DSC 0277

以前も書いたような気がしますが、私は基本的に豚バラを食べたい人なんです。
でも、山家には豚バラがない!
なので、豚トロで代用しています。基本的に山家は焼き鳥店なので、焼き物は旨いのです。

シメは焼きうどん

DSC 0279

を、食べたりします。時には。

山家の焼きうどんは、若干薄味。なので、醤油を垂らして、たっぷり乗っかった鰹節を混ぜ込みながら食べるのが吉。
シメといいつつ、ツマミになります。

後でラーメン屋に入って替え玉とかしちゃうよりは、ここで早めに焼きうどんを頼んじゃった方が良いという考え方もあります。

まとめ

そんな山家は、井の頭線の渋谷駅のマークシティ沿いにあります。
週1くらいのペースで行っている時もあるので、ここに通ってもらえれば、いつか私に出会うこともあるかもしれませんよ!

ちなみに、いっぱい料理を紹介しましたが、一度にこんなに食べているわけではないです。念のため。
よく行くので、写真がいっぱいあるのです。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。日本全国でAI・IoTなどをテーマにしたセミナーや研修講師での登壇多数。