哲学の道の毛虫先生

さっきのアングルのところに、しばらく座っています。
目の前をいろんな人が通り過ぎます。通り過ぎる瞬間だけ、その会話か聞こえてきます。
カップルがいます。家族がいます。私と同じように一人の人もいます。
一人の女性が熱心にタンポポにデジカメを向けていました。風に揺れるタンポポが望む方向に向くのは一瞬です。
一人の男性がガイドブックのあるページに指を挟んで、前の人をぐんぐん追い抜いています。私はふと、「そんなに急がなくても良いのに」と独り言を言いました。

突然、おじさんが私に近寄って、「大きな毛虫が2匹もついとる」と、払ってくれました。
まったく気付きませんでした。
私は「すいません、ありがとうございます」と言って、一緒に払おうとしました。

人間というのは、不思議なものです。毛虫なんて何より嫌いな私ですが、別のこと、自分じゃないことを考えていると、もっとも身近な自分の危機に気付かないのです。
人のことをあーだこーだ言う前に、自分のことを省みよということかもしれません。

そうこう考えていると、また別の毛虫が私の着ているジャケットの袖を這っていました。
私は静かに払い落として、その場を後にしました。

哲学の道の毛虫先生
この文章の後半は、哲学の道から少し離れた場所にある、こんなところで書きました。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。日本全国でAI・IoTなどをテーマにしたセミナーや研修講師での登壇多数。